東京都の30日の新規感染は14人で、2桁になるのは5日連続。
感染経路不明者は6人でした。
都は感染拡大の兆候があれば、
警報に当たる「東京アラート」を発動するとしており、
数値的な目安として、
直近1週間の平均で
① 1日あたりの新規感染者が20人未満
② ②新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満、
③ 週単位の感染者増加比が1未満
の3指標を示しています。
昨日時点で①は13・4人②は53・2%③は2・29となり、②③の2指標で上回っています。
都は発動については、都内の医療提供体制なども考慮し総合的に判断するとしていますが、警戒が必要な状況になっています。

経済のことを考えると発動にちゅうちょするのは当然ですが
韓国の例もありますし
早めに発動して、第2波を未然に防止することが大切です。

リーダーの真価が問われます。

<今日の一言>
未然に防ぐ!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


総務省が発表した4月の完全失業率は前の月に比べ0・1ポイント悪化し、2・6%と、2カ月連続の悪化となり、就業者数は前年同月比80万人減となりました。
減少は88カ月ぶりで、4月の有効求人倍率は1.32倍で。4カ月連続で低下となります。

人手不足から一転して状況が変わりました。
企業もさることながら
労働者も労働観や働き方を変えていかないと
働く場も失くなってしまいます。

企業も労働者も
これから真価が問われます

<今日の一言>
変える!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

韓国政府は、新型コロナウイルスの感染が再び広まっていることを受けて、
ソウル市など首都圏に限り、
6月14日まで外出自粛要請や一部屋内施設の運営中止などの措置を取ると発表しました。
日本においても同様の現象が出る可能性が出ています。

今一度原点に立ち返り
自分にできることをしっかりと行っていくことが大切です!

<今日の一言>
原点に立ち返る!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

居酒屋大手のワタミは、2020年3月期の連結業績を発表し、
売上高が前期比3.9%減の909億円、
純損益は29億4500万円の赤字(前期は13億7300万円の黒字)に転落したようです。
純損失は3期ぶりで、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、
収益の回復が見込めない居酒屋「和民」などについて、
19億2000万円の減損損失を計上したようです。
21年3月期の業績見通しは未定で、
持ち帰りを中心とした「から揚げの天才」の出店や、
弁当を配達する宅食事業に力を入れる方針のようです。

コロナ後を見据えての対応で今後の成長度が決まります。
個人も組織もまさに正念場!

私自身もしっかりと対応していきます!

<今日の一言>
正念場!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

2019年度の人手不足倒産は前年度比14.8%増の194件となり、
6年連続で過去最高件数を更新するなど、
人手不足が企業活動に及ぼす悪影響は深刻になっている一方で、
新型コロナウイルス感染症の影響で企業活動が制約されたことで国内景気が急速に悪化していて、
従業員の雇用など「ヒト」に関する動向が注目されています。

環境は常に変化していますし
時として今回のような想定外の事項により劇的な変化が生じる場合があります。

それでも適応せざるを得ない!
まさに"適者生存"

今一度肝に銘じます!

<今日の一言>
適者生存!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

政府は、全国での緊急事態宣言の解除に合わせ、
新型コロナウイルスへの基本的対処方針を改定し、
社会経済活動の段階的な再開に向けた指針を示しました。
全国で自粛が続く観光や大規模イベントの開催、
集団感染が発生した施設利用などについて、
約3週間ごとに感染状況を確認して制限の緩和を進め、
8月1日をめどに全面再開するようです。

ここからが正念場
しっかりと自分にできることを実行していきたいと思います。

<今日の一言>
正念場!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

経済対策で助成金を出やすくしたのに、
厚生労働省の通知が窓口の現場まで伝わらず、
雇用調整助成金において
企業の申請が断られるケースが相次いでいるようです。

相次ぐ変更で窓口が混乱していることは容易に想像できます。
方針が末端組織に伝わらないのは
伝達手段に何かしら問題があるからで
この際、きちんと問題解決にしっかりと取り組み
今後同様の問題が生じないようにすることが大切です。

"他山の石"としたいと思います。

<今日の一言>
他山の石!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令を継続している
北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県の緊急事態宣言を
25日に全面解除する方向で最終調整に入ったようです。

全面解除されれば、新たな局面に入ることになります。
これまで以上の自助努力が必要になりますが
"明けない夜はない"
自分にできることを、愚直にやり続ける
今一度肝に銘じます!

<今日の一言>
明けない夜はない!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている中小企業やフリーランスを含む個人事業主向けの支援策「持続化給付金」について、
税の申告方法の違いで対象から外れていたフリーランスや、今年創業した中小企業なども対象に加えるようです。
経済活動の制約が長期化するなか、
支援対象を広げるべきだとの批判に応えた形です。
必要な予算を2020年度2次補正予算案に盛り込み、
成立後の6月中旬に申請受け付けを始めます。

今後同様の支援策拡大の動きが出てくると思いますが
基本は当事者のがんばりです。

支援策はあくまで支援策
自らの道は、自らで切り開くしかありません。
"当事者意識をしっかりと持つこと!"
自分自身、今一度肝に銘じます!(^_-)-☆

<今日の一言>
当事者意識!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

これまでできていなかったデジタル化、オンライン申請(を)一気に進めたい。
社会変革を進めていけば感染防止策と経済活動両立できる。
と西村康稔経済再生担当相が熱を込めて語ったようです。

まさにその通りで、ちょうどいい機会なので、
立ち遅れていたデジタル化の促進を図ることが大切だと思います。

"ピンチはチャンス"
"転んでもただでは起きぬ"
名言です!(^_-)-☆

<今日の一言>
転んでもただは起きぬ!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

Photos

  • 20160917レオ三郷文化会館衣装替え.jpg
  • 20160917レオ三郷文化会館.jpg
  • 20160917レオ三郷文化会館会場.jpg

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1