コーヒーを存分に楽しみ、「コーヒーと暮らす」ための一冊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コーヒーのある暮らし。 (MEDIA HOUSE MOOK Pen+)
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)


日本人にとって、いまやもっとも身近な飲み物であるコーヒー。
おいしいコーヒーを味わうために自宅で楽しむ人も多い。
豆や道具、淹れ方にこだわりをもつ「コーヒーと暮らす家」の実例集をメインに、海外三都市と東京の最新コーヒー事情や、街のコーヒー屋さんが指南するコーヒーの淹れ方、さらには、コーヒーの歴史や産地といった基礎知識まで、コーヒーを存分に楽しみ、「コーヒーと暮らす」ための一冊です。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「コーヒーも豆の種類や焙煎度で会う食べ物が違うんです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

60歳からの<やめる!前向き人生>のすすめ


目次は次の通りです。

第1章 やめて受け入れる
(「年に逆らう」のをやめる/「肩書に頼る」のをやめる ほか)

第2章 やめて自立する
(「妻に求める」のをやめる/「いい父親」をやめる ほか)

第3章 やめてラクになる
(「がんばる」のをやめる/「ストレスを気にする」のをやめる ほか)

第4章 やめて楽しむ
(「常識にとらわれる」のをやめる/「夫婦旅行」をやめる ほか)

第5章 やめて幸せになる
(「人と比べる」のをやめる/「自分で何でも解決する」のをやめる ほか)

ウィズコロナ、アフターコロナで新しい働き方&生き方が求められる今、「何をやめて」「何を続ける」べきか? 
人生後半戦、やりたいことをやりきるためには、長く引きずった習慣、関係、しがらみ...を思い切って断ち切って、時間的にも精神的にも、自分に自由になることが大切。
『島耕作』シリーズや『黄昏流星群』などで大人気の著書が自らの体験も踏まえて綴る、60歳からの<やめる!前向き人生>のすすめ。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「自分で決めたことを覚悟と責任をもってやってみろ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

この行動・思考パターンが、あなたを変える!


目次は次の通りです。

プロローグ つまらない会社人間からの脱却
ー毎日のちょっとした心がけがあなたを「頭のいい人」にする

1 自分で毎日を重くしているあなたへ
ー仕事がラクになる思考習慣のススメ

2 いつも切羽詰まっているあなたへ
ー効率よく仕事がこなせる段取り習慣のススメ

3 「自分の時間がない」多忙なあなたへ
ームリせず余暇を確保する時間習慣のススメ

4 ムダなく良質の仕事がしたいあなたへ
ー仕事にキレが増す集中習慣のススメ

5 難問やアイデアに頭を悩ますあなたへ
ー決断力と発想力がつく問題解決習慣のススメ

6 「自分の限界」がチラつくあなたへ
ー頭をサビさせない創造習慣のススメ

7 教養と知性を身につけたいあなたへ
ーもっと頭がよくなる読書習慣のススメ

8 あふれる資料を整理できないあなたへ
ー有益で使い勝手のいい情報収集習慣のススメ

9 ハードな毎日に疲れきっているあなたへ
ー頭と身体が生き返るOFF習慣のススメ

一生懸命なのに要領が悪く、
仕事の成果も人物評価もイマイチな人がいる。いっぽうで仕事が速くて的確、プライベートも充実した「デキる人」がいる。
何が、両者を分けるのか?それは、才能や生まれもった力ではない。
「毎日の小さな積み重ね」がカギを握るのだ。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「一冊の本の中で本当に重要な部分は20パーセントで、ここに80パーセントの情報が詰まっている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

新型コロナウイルス肺炎に備えての免疫アップの重要性


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

免疫アップ 名医が教える最強極意
価格:935円(税込、送料無料) (2021/1/17時点)


目次は次の通りです。

第1章 食事による免疫アップ術
腸の健康が免疫アップのカギ 
免疫&腸内環境がアップする食材&美味レシピ
LPS食品による免疫活性
焼きネギ、ハチミツ緑茶
具だくさんスープ
マイタケスープ
酢ショウガ

第2章 日常に取り入れる免疫アップ術
起床後すぐの歯磨き
腹巻きでおなかを温める
小食の勧め
40℃10分全身浴
タレント・西村知美さんも実践の分割湯
ほおをたたく
息止め深呼吸
鼻呼吸
はじめての筋トレ

2020年初頭より世界を襲った新型コロナウイルス肺炎。
現在、国内の感染者は減少傾向にありますが、           いつまた、ウイルスの猛威が襲ってくるか予断を許さない状況です。
また、秋から冬にかけては毎年、インフルエンザウイルスも流行。
二つのウイルス感染症の同時流行による医療崩壊も危惧されています。
感染の予防や、万が一ウイルスに感染しても重症化させないためには、自身の免疫力を高めておくことが非常に重要なのです。
本書は、名医がお勧めする、免疫力を高める食材や、その食べ方など、日常生活に取り入れられる免疫アップ法をまとめた一冊。
体内へのウイルスの侵入を防ぎ、鼻呼吸がしやすくなる「あいうべ体操」のポスター付き。
免疫を上げるおいしいレシピも収載しています。
本書を読んで、ウイルスに打ち勝ちましょう!

<印象に残った一文>
「新型コロナウイルスを迎え撃つには、腸の健康が最重要。発酵食品と食物繊維で免疫力アップ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

アタマの「こもり熱」が自律神経を狂わせる 


目次は次の通りです。

第一章 不眠の原因は今と昔でこんなに違う!
不眠の原因は生活習慣と慢性疲労
あなたの使っている身近なものは大丈夫?
あなたの慢性疲労度をチェック

第二章 不眠になると、からだとこころはどうなる?
頭を使うと頭の熱が上がる
脳とからだ・こころのかかわり
こころに影響する不眠の特徴
からだに影響する不眠の特徴

第三章 不眠の原因は「頭部内熱」と「自律神経」
自律神経のはたらき
からだとこころに現れる症状
睡眠と自律神経
エネルギーのバランスを整えよう

第四章 「不眠」を改善する簡単ワーク
頭を冷やせば頭部内熱も下がる
隙間時間にできるエクササイズを習慣にしよう

第五章 「不眠」にならない生活習慣
朝の起き方で夜の睡眠が変わる
日中はエネルギーを上手に燃焼させよう
寝る前のルーティンで自然に眠る

不眠症対策の決定版!
「なぜ、眠れないか?」を、徹底的に究明する!
本当の原因がわかるから改善法が見えてくる!
不眠症メカニズムのすべて。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文
「人が眠るにはエネルギーが必要です。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

学生から社会人まで必読の1冊!


目次は次の通りです。

(ホームルーム1)世界史には「タテ」と「ヨコ」の視点がある
(ホームルーム2)世界史は「お金の流れ」で学べ!
第1章 貨幣の誕生~古代オリエント・ギリシア・殷王朝(先史~紀元前4世紀)~
第2章 結ばれる古代帝国~ローマ帝国・秦・漢王朝(紀元前3世紀~3世紀)~

第3章 インド洋の時代~イスラームの誕生と隋・唐王朝(4世紀~10世紀)~
第4章 進む貨幣経済~商業ルネサンスとモンゴル帝国(11世紀~14世紀)~
第5章 世界をかけめぐる銀~大航海時代と明王朝(15世紀~16世紀)~

第6章 覇権国家の交代~オランダ・イギリスの繁栄と大西洋革命(17・18世紀)~
第7章 拡大する「帝国」~産業の発展と帝国主義(19世紀)~
第8章 恐慌から分断へ~2つの大戦と世界恐慌(20世紀の始まり~第二次世界大戦)~

第9章 超大国の綱引き~冷戦下の経済(第二次世界大戦~1980年代)~
第10章 一体化する世界~グローバリゼーションと経済危機(1990年代~現代)~

シリーズ累計45万部超!話題の公立高校教師ouTuber第3弾は世界史の経済史編!!
古代から現代まで年号を一切使わずに、お金の流れを「主役」にしたストーリーで世界の歴史を読み解く"新感覚"の歴史入門書!
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「蓄積が可能になったことで、余った生産物は分配や交換交易の対象になり、それを貸したり借りたりするという一連の経済が本格的に始まったのです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

マクロビをしている人はなぜ不健康そうに見えるのか


目次は次の通りです。

1章 "玄米"は体に良いが、毒にもなる
2章 玄米はなぜ体によいか、白米と何が違うか?

3章 "米"の民の日本人がなぜ玄米を嫌ったのか?
4章 ちょっと待った!その玄米食は危険です!

5章 発芽玄米はなぜ体によいのか?
6章 正しい玄米の炊き方とは?

7章 酵素と食物繊維で健康は腸からつくる
8章 鶴見式・現代養生訓

日本人が玄米を食べてこなかったのには理由があった!
栄養価の高いスーパーフードは、炊き方ひとつで毒にもなる!
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「病気の原因は間違った商事である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

100年後の武士道と騎士道


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・日英同盟 100年後の武士道と騎士道 [ 岡部伸 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/1/14時点)


目次は次の通りです。

序 章 尊敬される日本を作った人たち
第1章 グローバル海洋同盟
第2章 ファイブ・アイズに招かれる日本
第3章 日本から「逆輸入」するイギリス

第4章 双子のような日本とイギリス
第5章 日本の皇室とイギリスの王室
第6章 「文明の生態史観」と日英同盟の必然

第7章 日英同盟を生んだサムライ・ジェントルマン
第8章 イギリス人が誇る東郷元帥と戦艦「三笠」
第9章 「地中海の守護神」と呼ばれた日本海軍

第10章 進む日英和解
終 章 武士道と騎士道とチャーチル

日英同盟の終焉から100年......
いまイギリスは再び、日本をアングロサクソン諜報同盟「ファイブ・アイズ」に招聘している。
米英の情報関係筋は「欠かせぬメンバーとして既に日本を招待している。
コロナ禍でその動きは高まりつつある」と断言。
米英は友好国・日本を加えた「シックス・アイズ」を結成し、中国に対抗する構えなのだ。
激変する東アジアと世界の情勢を、産経新聞ナンバーワン記者が徹底取材!!
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「安倍首相の最大の功績は、経済や安全保障でも世界の政治に日本が参画し、国際社会における日本のプレゼンス(影響力)を高めたことだ。」



私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

英国男性服飾史


目次は次の通りです。

序文 流行はどこからやって来るのか?
1章 戦前ーーダンディ、耽美主義者、ボヘミアン
2章 セシル・ジーとチャリング・クロス・ストリートーーファッションを生み出した男
3章 ニュー・エドワーディアンーー過去への回帰

4章 テッズーーティーンエイジ・カルトの誕生
5章 サヴィル・ロウとメイン・ストリートーーおしゃれに見えすぎてはいけない
6章 イタリアン・ルックとカジュアルウェアーー黄色い靴下はもう流行(イン)じゃありません

7章 チェルシーーーファッションの中心地への歩み
8章 カーナビー・ストリートーーブティックの誕生とビートルズ
9章 ハーディ・エイミスとピエール・カルダン

10章 モッズーーカルトから流行へ、そして......
11章 長髪とミック・ジャガー
12章 ダンディたちーー上流階級の新しいエリート主義

13章 ?男性ファッション?の登場
14章 大衆向けファッションーー変化はチェーン・ストアから
15章 カーナビー・ストリートの現在ーー観光客のほかにだれが買う?

16章 ヒッピーーーカルトからビジネスへ
17章 デザイナーーー現代のまじない師たち
18章 英国のヒッピーーーアメリカ人による模倣の模倣

19章 キングス・ロードーー洗練された観光地として
20章 マイケル・フィッシュの影響ーー最後のスウィンギング・ロンドン
21章 スキンヘッドーー労働者階級の反動的ファッション

22章 緊縮ーー無意識に変化する人々
23章 サヴィル・ロウの現在ーー消えゆく職人たち
24章 新しいスーツを買うたびに

保守的な紳士服業界が変わっていくさまと、変革の時代を創造し、サバイブした人びとに焦点を当てた名著。
ファッション革命を可能にした、店主、店員、仕掛け人、デザイナー、ロックスターたち...。
流行の変遷を詳述した傑作ノンフィクション。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「ファッションは常に、その前に起こったことへの反動である」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「病理」と「戦争」の500年


目次は次の通りです。

〈第1部 株式会社の500年ーその歴史〉
第1章 ヴェニスの商人の時代
第2章 東インド会社の設立
第3章 複式簿記の発明
第4章 『国富論』とアメリカ合衆国の誕生
第5章 株式会社の蘇生力

〈第2部 株式会社の「原理」と「病理」-コーポレート・フィロソフィー〉
第6章 経済的人間
第7章 株式会社の性格について
第8章 彼らが会社を愛した理由
第9章 欲望が作り上げた幻想
第10章 株式会社という幻想共同体と個人の欲望
第11章 技術イノベーションと「生の原基」
第12章 個人の倫理と国家の倫理
終 章 株式会社はどこへ行くのか

著者による立教大学MBAや早稲田大学で大好評の講義を書籍化。
シリコンバレーでも活躍した元ベンチャー起業家が「株式会社の謎」に迫る。
コロナ禍による大恐慌は「株式会社」の終焉を招くのか。
グローバリズムの終焉は「戦争」をもたらすのか。
東インド会社を起源とする500年の歴史から、資本主義と国家と株式会社の未来を探る書です。
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「巨大化した株式会社が最後に行き着く場所とは結局のところ、株式会社同士の闘争であり、国家を利用した武力行使ということになる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1