ストレスフリーの説得術

目次は次のとおりです。

1 ほめる
2 貸しをつくる
3 出し惜しみする

4 期待をかける
5 「みんなやっている」と思わせる
6 責任を感じてもらう

7 連想させる
8 感情と理性の両方に訴える

9 絆をつくる
10 関わってもらう

あなたがしてほしいことを相手にもしなさい。
それが相手を動かす唯一にして最強の方法。
“無理強い”も“命令”も“嘘”もいらないストレスフリーの説得術は色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「多くの人が気づいていないのは、誰しもが日々、人の心をつかもうとしているということだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

多岐にわたる改正のポイントを85個に凝縮

目次は次のとおりです。

第1章 意思表示・消滅時効
(錯誤/復代理人を選任した任意代理人の責任 ほか)

第2章 債権の規律と保全
(法定利率/履行不能 ほか)

第3章 多数当事者の債権関係
(連帯債務者の一人に対する履行の請求/連帯債務者の一人による相殺 ほか)

第4章 債権の譲渡・消滅
(債権譲渡制限の意思表示の効力/譲渡制限を悪意・重過失の譲受人に対抗できない場合 ほか)

第5章 約款・契約各論
(定型約款の合意/定型約款の内容の表示 ほか)

改正内容はルール?
判例法理を条文化するもの?
法定利率、消滅時効、保証、契約不適合…。
見開き2ページ完結で直観的にわかる。
多岐にわたる改正のポイントを85個に凝縮した書です。

<印象に残った一文>
「今回の民法改正では大きく分けると1」従来のルールを更新するもの2)従来の判例で形成されてきた解釈を条文に明記するもの3)ルールに変更はないものの、表現を改めるものという3種類の内容があります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「移民政策のトリレンマ」が自由と安全を破壊する


目次は次のとおりです。

プロローグ 国境を取り戻す動きが、世界中で加速している
第1章 日本国民の安全・自由を奪い取る移民受け入れ
第2章 移民政策が日本の安全保障を破壊する
第3章 砂上の楼閣で終わる移民大国JAPAN

第4章 世界中で壁にぶつかるグローバリズムという病
第5章 日本を破滅に導くウソだらけの経済理論
第6章 日本国がめざすべき絶対的に正しい、たった一つの道

著者が2014年に『移民亡国論』を発表して以来、
世界では移民問題が大噴出、
英国のEU離脱やトランプ大統領の誕生を招くなど、
その警告はことごとく的中した。
だが、安倍政権は移民政策の危険性を無視し、
国民の知らぬ間にすでに日本は世界第5位の移民受け入れ大国となっている! 
在日問題からインバウンド、高度外国人材まで、
語られぬ「不都合な真実」を暴き、
これから日本に起こる政治・経済・民族的大混乱を予測、
いかに対処すべきかを問う書です。
今後の潮流を読む上で抑えておきたい一冊です。

<印象に残った一文>
「移民受け入れ、国民の自由、安全な国家の3つは、同時に2つまでしか成立させることはできない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

誰にでもできる意識改革で、あなたのパフォーマンスは怖いくらい上昇!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生が劇的に変わる睡眠法 [ 白濱龍太郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/8/9時点)


目次は次のとおりです。

第1話 睡眠は「質」の前に「量」を考える
第2話 睡眠のためのルーティンをつくる
第3話 食生活で睡眠は変わる

第4話 運動で睡眠の質を高める
第5話 昼寝が仕事のパフォーマンスを上げる

第6話 快眠のために環境を整える
第7話 世界中で高いパフォーマンスを発揮する

ランチ後15~20分の「仮眠」が、成功の大きな鍵を握っている!?
睡眠専門医が解き明かす、
「昼寝による脳のリセット」
「パワー・ナップ(仮眠)」
「睡眠は質より量」
「朝日を浴びることの重要性」…。
誰にでもできる意識改革で、あなたのパフォーマンスは怖いくらい上昇する。
目からウロコの内容が満載です!

<印象に残った一文>
「睡眠を第一にすることで脳も体も、そして心も健康に維持することができるようになります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

教養としてのバブル熱狂と閉塞感の裏側


目次は次のとおりです。

1 バブル経済
2 デフレ
3 人口減少

4 日米経済摩擦
5 日本型経営
6 一極集中

7 財政赤字
8 社会保険料の増
9 貯蓄から投資へ

10 政治とカネ
11 日韓関係

今を正しく理解するため過去の転換点を深く知る。
バブル経済、デフレ、人口減少社会…。
ビジネスの現場でよく使うわりには深く知らないキーワード。
学校で体系的に教わらない知識の盲点です。
教養として知らないと恥ずかしいだけではありません。
日本経済の過去への理解が浅ければ現状認識を誤り、
仕事の成否に関わります。
そんな11のキーワードをテーマ別年表と豊富な図説とともに、歴史の転換点を探りつつ整理してくれます。
ニュースを見る眼が変わってきます!

<印象に残った一文>
「増税すればいいのではなく、行政サービスの満足度を高めて、税を出してもらう。そうした発送の転換から入らなければ、減税病から抜け出すことは難しい。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

彼我の違いを探り、我らの強みを分析する

目次は次のとおりです。

序章 日本の大学が世界の「落ちこぼれ」になる
第1部 「スーパーグローバル大学」の正体
第2部 文系学部廃止論争を超えて

第3部 海外大学・最新レポート/第4部 ガラパゴスからの脱出
終章 「グローバル大学」への警鐘ー日本の大学は何をめざすべきなのか?

ワールドクラスの大学は「ヒト・モノ・カネ」をグローバルに調達する競争と評価を繰り広げている。
水をあけられた日本は、国をあげて世界大学ランキングの上位をめざし始めた。
だが、イギリスの内部事情を知る著者によれば、ランキングの目的は英米が外貨を獲得するためであり、日本はまんまとその「罠」にはまっているのだといいます。
日本の大学改革は正しいのか?
真にめざすべき道は何か?
彼我の違いを探り、我らの強みを分析する書は
色々な気づきを与えてくれます。
今後の日本教育を考える上で、参考になる書です。

<印象に残った一文>
「イギリスの大学の巧妙なところは、大学全体としては国際的なグローバル化戦略を取りつつ、オックスフォードやケンブリッジのような大学には、その伝統に基づく強みを維持させる余裕を持たせているところにある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

借金まみれで自己破産寸前の僕でも億万長者になっちゃった!

目次は次のとおりです。

第1章 なぜかお金が増える人の「考え方」
第2章 なぜかお金が増える人の「時間管理」
第3章 なぜかお金が増える人の「口グセ」

第4章 なぜかお金が増える人の「生活スタイル」
第5章 なぜかお金が増える人の「人間関係」

第6章 なぜかお金が増える人の「整理能力」
第7章 なぜかお金が増える人の「お金管理」


「さあ、みなさん、大富豪を目指しましょう」なんて大それたことは言いません。
ムリをしてまでお金を貯めるのもまた不自由な生き方だからです。
でも、家賃や食費や交際費、老後資金などの「お金のストレス」から解放されたとしたら、
あなたはもっと自由な人生が送れると思いませんか?
悪いクセを断ち切るだけで、みるみる貯まりだす。
色々なヒントが詰まった本です。

<印象に残った一文>
「人生を変える第一歩は、まず「思考」を変えること。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

細部から「会社の本質」を見抜くヒントが満載


目次は次のとおりです。

第1章 会社の性格は社長で決まる!
-大成功する会社の社長は、例外なく「ケチ」
(“サラリーマン社長”の会社は成長が期待できない/社長の保有株比率が高い会社のほうが株価が上昇する ほか)

第2章 ブラック企業はこう見抜け!
-投資に適さない「ヤバ悪い」会社の見分け方
(社長の自伝を本人がプレゼントしてきたら、その会社は伸びない!/豪奢な新社屋に入居した会社はその時点が業績や株価のピーク ほか)

第3章 社内結婚が多い会社は儲かっている!
-急成長する「ヤバいい」会社のヒミツ
(「成長する企業」は成熟産業の中にも発見できる/「アンケート、お礼状の法則」-返信がある会社ほど株価が高い ほか)

第4章 産卵後に死んでしまうサケでなく、メンドリを探せ!
-ベンチャー企業の成功法則
(シニア世代の起業は「精神の柔軟さ」が成否を分ける/「白いウソ」をつくことは起業家の重要な資質である ほか)

第5章 会社を見分ける3つの基準
ーナオコの原則
(これからは「社会貢献」と「成長」の両方を達成できるのが“いい会社”/企業の成長を見る基準「ナカマ」「オコナイ」「ココロ」=ナオコの原則 ほか)

30年近くにわたり企業調査を続け、
6500人以上の社長に会い、
成長企業を発掘してきたファンドマネジャーが明かす「68の法則」。
社長の話し方、SNSでの発信、社長室の調度の選び方や置き方、役員構成、決算説明会の資料の変化…など、
細部から「会社の本質」を見抜くヒントが満載です。
色々な気づきを与えてくれます!

<印象に残った一文>
「相談役や顧問は会社の成長を阻害する要因」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

正しい知識を得て、労基署との付き合い方が学べる一冊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

労基署がやってきた! (宝島社新書) [ 森井博子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)


目次は次のとおりです。

第1章 労基署とは?監督官とは?
第2章 サービス残業での逮捕・送検
第3章 過労死・過労自殺の労災認定

第4章 監督官は労災かくしを見破る
第5章 電通事件と過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」

第6章 是正勧告・強制捜査を受けた企業がすべきこと
第7章 「働き方改革」と日本人の働き方のゆくえ

伝説の女署長と呼ばれた元監督官が、労基署のウラのウラまで語りつくします。
全国で初めて労働基準法違反の疑いによる逮捕を行うなど、
数多くの現場を渡り歩いてきた著者が、
労基署の最前線を明かします。
働き方改革により労基署の動きが加速し、職場の常識も変わりつつあります。
「皆さんの想像以上に、労基署は企業の情報を握っている」とは森井氏の言葉。
正しい知識を得て、労基署との付き合い方が学べる一冊です。
一般には、知ることのできない監督署の内情がわかります。

<印象に残った一文>
「労災隠しがあった倍には、すぐに司法事件として、立件されて事業者が検察庁に送検されることが多くあります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

おうちで作れる専門店の味


目次は次のとおりです。

第1章 巻きずし(太巻き/中巻き ほか)

第2章 ちらしずしといなりずし
(ばらちらし/吹き寄せちらし ほか)

第3章 にぎりずし(にぎりずしのたねを切る3つのコツ/中トロのにぎりずし ほか)

第4章 すし店の酒肴
(まぐろで/かつおで ほか)/すしだねの仕込み(ゆで海老/まぐろ赤身のヅケ ほか)

ご自宅でプロの味が再現できる「すし」の本。
銀座の人気すし店「鮨青木」主人が、巻きずし、ちらしずし、いなりずし、そしてにぎりずしまでご紹介してくれます。
作り方は”まるで動画みたい”。
プロセス写真を細かく追って解説しているので、失敗することなくおいしく作れます。
「小どんぶり風にアレンジしたすし」や「身近な魚介で作る酒肴」など、専門店らしいメニューも掲載。
おもてなしにも困らない、極上のすしを家庭で作るためのノウハウが詰まっています。

<印象に残った一文>
「ぬくもりの残っているすし飯で作ってこそ、すしはおいしい」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01