日本に蔓延する「暗黙の空気」の正体 

目次は次の通りです。

序章 忖度という病が警告するもの
第1章 しがみつき、足を引っ張り合う忖度地獄
第2章 人間は、忖度しながら成長する

第3章 自分の生き方は、他人に忖度させない
第4章 戦争と原発と空気
第5章 支配されない生き方

森友・加計問題に端を発し、急速に広まった「忖度」という言葉。
これは流行語には終わらない、日本社会に深く巣食う病理を表わす言葉でもある。
ここでクローズアップされた官僚や政治家の忖度は「先回りの服従」というべきものだが、
政治の場のみならず、会社や学校など様々な場で「忖度バカ」が生まれ、忖度疲労を起こしている。
病的な忖度はなぜ生まれるのか?
様々なパターンを検証し、日本に蔓延する「暗黙の空気」の正体を解き明かす書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「人は命一つで生まれてきて、命一つで死んでいく。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!

目次は次の通りです。

まえがき 「毎朝コーヒーを買って出社」は“お金の失敗”の始まりだった!

1章 「500円ぐらい、まぁいいか」が失敗の第一歩

2章 「お金が貯まらない人」が知らずにやっている16の悪い習慣/

3章 「メタボ家計」を立て直す!失敗からのリセット術

4章 貯めて増やす「攻め」のルール/あとがき お金が貯まる人は「生き上手」

小さなクセをやめるだけで、お金はみるみる貯められます!
1万人の赤字家計を再生したプロが語る“人生100年時代”でも絶対に困らないマネープラン。
目からウロコの情報が満載です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

中小企業の経営法務Q&A

目次は次の通りです。

第1章 創業と会社運営に関する基礎知識
第2章 中小企業に関する法律と中小企業支援制度
第3章 事業活動に関する法律と制度

第4章 商品の開発・販売に関する法律
第5章 会社運営に関する知識(会社法等関連)

第6章 人事・労務に関する法律・制度とトラブルの防止
第7章 事業承継・再生・終了に関する法律と手続

中小企業にかかわるすべての人に贈る「経営法務のバイブル」。
中小企業経営者・経営幹部はもちろん、創業を志す人にも必読の内容。
中小企業の社員教育のテキストにも利用可能。
Q&A形式で、読みやすさを追求。
創業・設立から廃業・清算まで、中小企業に降りかかる問題を網羅します。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「法制度的にも、ワークライフバランスを重視する方向で男女雇用機会均等法や育児介護休業法などが整備されており、これからも改正されていくことが想定されます。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

一生モノの「言い換え」の技術・発想を身につける10の方法

目次は次の通りです。

第1章 知的に言い換えるー「話し言葉→書き言葉」
第2章 わかりやすく言い換えるー「難しい言葉→易しい言葉」

第3章 正確に言い換えるー「一般語→専門語」
第4章 やわらかく言い換えるー「下位語→上位語」

第5章 ダイレクトに言い換えるー「間接表現→直接表現」
第6章 イメージ豊かに言い換えるー「直接表現→感化表現」

第7章 素直に言い換えるー「婉曲的な表現→率直な表現」
第8章 穏やかに言い換えるー「不快な表現→丁寧な表現」

第9章 シンプルに言い換えるー「冗長な表現→簡潔な表現」
第10章 言葉を尽くして言い換えるー「物足りない表現→十全な表現」

「メールで同じ言葉が続く」
「仕事のやり取りで言いたいことが伝わらない」
「謝罪文で相手を怒らせてしまう」
など大人の日本語の悩みは、「言い換え力」で解決!
メール・日常会話からビジネス文書まで、
すぐ使える実践的なアイデアを多数紹介するとともに、
一生モノの「言い換え」の技術・発想を身につける10の方法を伝授する書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「私達の言語活動は、「言い換え力」なのです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

強み


目次は次の通りです。

第1部 基礎編ー外国人材雇用を成功させるために知っておくべきこと
(従業員としての日本人と外国人の違いを知る/入管法を知る/入管への申請には時間がかかることを理解する/入管からの“資料提出通知”には真摯に対応する/申請が不許可・不交付になっても諦めない ほか)

第2部 応用編
(外国人材に向けられた抽象「論」に注意する/在日就労動機を理解する/徹底的に日本の文化慣習を教える/出身国の文化慣習を理解する/給与は現地のものを参考に ほか)

外国人雇用には特別な配慮が必要とされる。
外国人雇用における「法務」だけでなく「経営」(管理運用)の二つの側面のバランスを重視した内容。
異なる文化・慣習を持つ外国の方の受入れ体制の構築の具体的方法論。
最新改正内容についての実際的対応法。企業経営者・採用担当者が実務に使える基本書です。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「移民についての公の定義が存在していない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

あなたが素敵に見えないのは、その服のせい

目次は次の通りです。

序章:ベティの現在。バーグドルフ・グッドマンでPSを務める多忙な日々。

第1章:1930年代、シカゴで裕福な家庭のひとり娘として、何不自由ない暮らしを送る。

第2章:マイアミで大富豪の息子サニーと出会う。
第3章:1945年結婚。ニューヨークでのゴージャスな新婚生活を送り2児の母となる。

第4章:子供たちの旅立ち。夫の気を引こうと、浮気と自殺未遂を起こす。
第5章:精神科を退院したベティは、バーグドルフ・グッドマンで働き始め、「ソルーションズ(Solutions)」部門のディレクターに就任する。

第6章:「ソルーションズ」での超多忙な日々と新たなパートナー、ジムとの出会い。
第7章:映画やドラマ用の衣装リースサービスを開始。衣装デザイナー、有名女優らが次々にクライアントになる。

第8章:乳がんを克服。生きがいと慰めを与えてくれる仕事の力で精神科通いを卒業する。

第9章:身内や親しい人たちを亡くすベティ。ファッションの世界も様変わりと、クオリティもスタイルも姿を消しつつあると嘆く。
第10章:86歳、相変わらず仕事に没頭するかたわら、メディアにひっぱりだこで有名人に。しかし、一番の生きがいは女性に自信をもたせ、輝かせることなのだ。

ニューヨーク、マンハッタン五番街の高級老舗デパート、
バーグドルフ・グッドマンに、世界中のセレブを顧客に持つパーソナルショッパーがいる。
恵まれた幼少期、華やかな結婚生活と破綻、自殺未遂、乳がん…。
そんな彼女を救ったのは審美眼と独特のファッションセンス。
40代後半にしてバーグドルフ・グッドマンでの仕事に就くと、
持ち前のユーモアとセンスで伝説のパーソナルショッパーと呼ばれるまでの成功を収める。
90歳にして現役!NYの伝説のパーソナルショッパーが語る、「人生」と「ファッション」。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「この仕事でいちばん大切なのは「聞く力」」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

1日1項目ずつ、1か月で手に取るようにわかる!

目次は次の通りです。

第1章 戦後日本経済史
(戦後日本経済史の概観/戦後の為替、株価、金利 ほか)

第2章 暮らしの中の経済
(日本の人口構造/日本の家計消費 ほか)

第3章 企業・産業・金融の動き
(日本の企業/日本的経営 ほか)

第4章 景気と物価、財政金融政策
(日本の財政/財政赤字 ほか)

世にあふれる経済ニュースの核心を理解するために最低限知っておきたい知識をコンパクトに解説。
複雑に絡み合っている経済の動きが私たちの暮らしにどのように関わっているか、
1日1項目ずつ、1か月で手に取るようにわかる!
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「世の中に流れているニュースの多くは、「象が尾に怪我をした」と言ったものです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

天下人の条件を徹底検証する井沢流戦国史講義

目次は次の通りです。

第1章 なぜ、乱世は始まったのかーきっかけは信長の先駆者・足利義教の暗殺
第2章 戦国大名たちへの誤解と真実ー今の常識と昔の常識で歴史を見る
第3章 武田信玄の天下取りの限界ーあと十年生きていれば、どうなっていたか

第4章 なぜ、上杉謙信は「正義」を貫いたのかー毘沙門天への信仰と関東管領としての誇り
第5章 信長の大いなる野望ーなぜ、他の戦国武将は信長に勝てなかったのか

第6章 信長は今なお誤解されているー宗教に対する無知が歴史を見えなくさせる
第7章 「本能寺の変」の謎ー黒幕はいたのか、明智光秀の単独犯行か

武田信玄、上杉謙信、今川義元などの名将たちは、なぜ織田信長に勝てなかったのか? 
天下人の条件を徹底検証する井沢流戦国史講義です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「「天下取り」とは信長のみの発想だった」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

権威崩壊の内実を赤裸々に描く!

目次は次の通りです。

第1章 東京大学医学部の凋落
第2章 「医局」の弱体化
第3章 医学部ヒエラルキーの崩壊

第4章 医学部とはどんなところか?
第5章 ゆがんだ医学部受験ブーム
第6章 医者に向く人、向かない人

もはや東大をしのぐ難関と化した医学部。
「勝ち組」をめざす受験エリートたちがしのぎを削る。
だが、高偏差値化の陰で「医師に向かない学生」が増加し、モラルとモチベーションの低下が進む。
そして「医師余り時代」の到来…。
医学部受験の凄まじさを感じる書です。

<印象に残った一文>
「東大医学部の学生の三人に一人は医師に向いていない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

私たちを蝕む「マイルドドラッグ」の正体 

なぜ、ついつい甘いものやごはんが欲しくなってしまうのか?
その謎を解きつつ、人間の成り立ちをふまえた甘さ(糖質)との上手な付き合い方を伝授します。
食べ過ぎを意思の力でなんとかしようとしない、糖質制限の入門書です。
毎日スイーツをとっていた私は、この本を読んだ翌日から止めています。

 <印象に残った一文>
「糖質から脂質へ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01