大容量・低遅延・多接続のしくみ


目次は次の通りです。

第0章 「電波」とはなんだろう
第1章 携帯電話がつながるしくみ
第2章 携帯電話の「世代」とは何なのか

第3章 3G--国際標準規格が採用されたけど
第4章 4G--スマホの普及にシステムの進化が追いつかない
第5章 5G--移動通信システムの「解放」

第6章 その先にあるリスク
〈コラム〉 電波が「強い」とはどういうことか/積極的なタイプはすぐ乗り換える?/「すりーじー」の謎/WiMAXとラストワンマイル問題/6Gに必要な7つめの条件/「移動」が贅沢品になる世界へ

ただ「速くなる」だけではありません!
その本領は「伝送速度」にあるのではない。
「低遅延」「多数同時接続」にある。
「5G」は「移動通信システムをスマホ以外のものへと解放する役割」を担っているのだー。
どうしてそのようなことが可能になったのか。
「そもそもケータイがつながる理由」から通信技術の本質まで、平易に解説する決定版です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「人間の力のすごさは、技術単体を考えることもそうですが、その技術を思いもよらないことに使う創造性と柔軟性だと思います。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

豊富な図表を用いて論破


目次は次の通りです。

序章
第1章 マスコミがあおる貧困と格差
第2章 俗論がまかり通る貿易論

第3章 ファクトを歪める財務省と自治体
第4章 ファクトを知られたら損する人たち
第5章 技術革新で変わる日本の未来予想図

まやかしの数字を用いたプロパガンダ言説を豊富な図表を用いて論破する!
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「専門知識があるかどうかを判定するには、その事柄について論文を書いたことがあるがどうかが一つの指標になる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

渾身の論考

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝鮮半島と日本の未来 (集英社新書) [ 姜尚中 ]
価格:946円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)


目次は次の通りです。

序章 危機には変化が必要だ
第一章 なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか
第二章 南北融和と「逆コース」の三〇年
第三章 「戦後最悪の日韓関係」への道筋
第四章 コリアン・エンドゲームの始まり
終章 朝鮮半島と日本の未来
おわりに
資料1 朝鮮半島と日本の未来について考えるための基本書
資料2 朝鮮半島と日本をめぐる重要諸宣言文

朝鮮戦争勃発から七〇年が経過した。
朝鮮半島では様々な場面で南北の分断体制に限界が露呈するとともに、二〇一八年には歴史的な米朝首脳会談が実現するなど、統一への動きが着実に進みつつある。
しかし日本では嫌韓感情を煽ったり、脅威論を並べたりする偏った報道が目立ち、事態の本質はなかなか見えてこない。
コロナウイルスのパンデミックが宣言され、混迷を深めるかに見える世界情勢。
しかし、著者はこの未曾有のピンチにこそ、むしろ冷静にポジティブな未来像を描こうとする。
「第一次核危機」以降の北東アジア四半世紀の歴史を丹念に総括しながら、一脈の光明を見据えて朝鮮半島と日本の進むべき道を探った、渾身の論考!
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

創造的対話のファシリテーション


目次は次の通りです。

序論 なぜ今、問いのデザインなのか
1 問いのデザインの全体像(問いのデザインとは何か)
2 課題のデザインー問題の本質を捉え、解くべき課題を定める(問題を捉え直す考え方/課題を定義する手順)

3 プロセスのデザインー問いを投げかけ、創造的対話を促進する(ワークショップのデザイン/ファシリテーションの技法)
4 問いのデザインの事例(企業、地域、学校の課題を解決する)

メンバーを本気にさせ、チームの成果を引き出すワークショップの極意。
商品開発・組織変革・学校教育・地域活性の現場を変える戦略&スキルを指南してくれますいろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「問いは思考と感情を刺激する。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

法改正の内容をフォロー


目次は次の通りです。

序章 高年齢者の雇用管理の全体像
第1章 再雇用・勤務延長の法律知識
第2章 定年年齢の引上げ・定年制の廃止に関する法律知識

第3章 雇用延長と関わる労務のポイント
第4章 70歳までの就業確保措置
第5章 継続雇用に関わる書式と作成ポイント

第6章 年金・給付金のしくみと手続き
第7章 高年齢者雇用に関する雇用保険・社会保険の手続き
第8章 その他、高年齢者雇用をサポートする制度

現在、多くの企業が導入している定年の廃止・引上げ、継続雇用制度などについて解説するとともに、新たに導入される70歳までの就業確保措置について解説。
高年齢者とかかわりの深い年金制度や社会保険の手続きについて取り上げ、令和2年度の通常国会で審議された法改正の内容をフォロー。
雇用確保措置、高年齢者の労務管理、年金制度、社会保険の手続きなども網羅した入門書です。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「労務管理は、「入口」と「出口」が重要と言われます。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

患者が絶えないカリスマ眼科医がやっている


目次は次の通りです。

1 目の不調・老眼について教えてください!
(40代でのべ10万人を診てきた!?1日に100人以上も!?/肩こり、腰痛、頭痛、不眠症も目のせいなんですか?/目の不調を改善すれば体の不調も治る可能性があるの? ほか)

2 白内障・緑内障その他失明に至る怖い病気
(誰でも100%白内障になるって本当ですか?/白内障になると、世界が白っぽく見えるんですか?/白内障を予防する方法はありますか? ほか)

3 100歳まで見える目をキープする方法
(人生は100年、でも目の寿命は70歳!?/目のケアを怠ると失明する恐れもありますか?/糖尿病などの生活習慣病で失明することも? ほか)

名医が実践する「目にいい習慣」決定版!
あなたは歯科医院に行くように、眼科で定期検査していますか?
歯は予防が大事とわかっているのに、目については、トラブルが起こってから対処しがち。
でもそれでは遅い! 目こそ、ケアとメンテナンスが大事なのです。
この本では、老眼と目の不調をひしひしと感じ、いつか失明するのではないかとおびえる50代が、その不安を払拭するために、自身もメガネ歴30年というカリスマ眼科医に、あらゆる疑問をぶつけています。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
 「ドライアイは目薬での治療がほとんどです。但し、もっと大事なのはドライアイになりやすい環境を改善することです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「普通の人」がなぜ過激化するのか


目次は次の通りです。

第1章 「普通の人」が過激化する
第2章 組織はいかに個人を過激化させるか
第3章 ローンウルフ2.0

第4章 「過激化プロセス」のモデル
第5章 誰にでもある心身のバランスシート
第6章 日本における過激化/第7章 過激化をいかに防ぐか

「自分は絶対に正しい」と思い込むと、人間の凶暴性が牙をむく。
テロリズム、学校襲撃、通り魔、コロナ禍に現れた「自粛警察」に共通する暴力のメカニズムを気鋭のジャーナリストが解き明かす書です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「むしろ自分を中心に置き、大学やシンクタンク、そこの研究者などから必要な知識や分析をかき集め、そこからオリジナルな世界を創造することこそが大事なのだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

渾身の論考!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

朝鮮半島と日本の未来 (集英社新書) [ 姜尚中 ]
価格:946円(税込、送料無料) (2020/8/24時点)


目次は次の通りです。

序章 危機には変化が必要だ
第一章 なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか
第二章 南北融和と「逆コース」の三〇年
第三章 「戦後最悪の日韓関係」への道筋
第四章 コリアン・エンドゲームの始まり
終章 朝鮮半島と日本の未来
おわりに
資料1 朝鮮半島と日本の未来について考えるための基本書
資料2 朝鮮半島と日本をめぐる重要諸宣言文

朝鮮戦争勃発から七〇年が経過した。
朝鮮半島では様々な場面で南北の分断体制に限界が露呈するとともに、二〇一八年には歴史的な米朝首脳会談が実現するなど、統一への動きが着実に進みつつある。
しかし日本では嫌韓感情を煽ったり、脅威論を並べたりする偏った報道が目立ち、事態の本質はなかなか見えてこない。
コロナウイルスのパンデミックが宣言され、混迷を深めるかに見える世界情勢。
しかし、著者はこの未曾有のピンチにこそ、むしろ冷静にポジティブな未来像を描こうとする。
「第一次核危機」以降の北東アジア四半世紀の歴史を丹念に総括しながら、一脈の光明を見据えて朝鮮半島と日本の進むべき道を探った、渾身の論考!
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「北朝鮮が高姿勢に出て、こけおどしをするのも弱者の強迫観念からだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

これ1冊で、YouTubeのすべてを使いこなすことができます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YouTube完全マニュアル [ 桑名由美 ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2020/8/23時点)


目次は次の通りです。

01 YouTubeでできることやサービスの内容について知ろう
02 スマホやパソコンで動画を視聴しよう

03 動画を公開したり、共有しよう
04 「チャンネル」を活用して情報発信や他のユーザーと交流しよう

05 撮影や編集のコツを覚えて魅せる動画を作ろう
06 YouTubeの広告とアクセス解析の使い方を理解しよう
07 トラブルを避け、安全・快適に使うために知っておきたいこと

本書は、YouTubeの全機能の使い方を解説したガイドブックです。
サービス概要から視聴、公開、チャンネルの使いこなし、再生回数を上げるための動画の編集、広告機能、炎上しないための安全な使い方まで、これ1冊で、YouTubeのすべてを使いこなすことができます。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「自分が投稿した動画以外は基本的にダウンロードできない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

新たな視点を与えてくれる1冊


目次は次の通りです。

第1章 けっこういい加減な「天下人」の世界
第2章 名軍師たちのオモテとウラ
第3章 適当に決まった七本槍、十勇士ー「名数」で評価された人たち

第4章 まわりから見た戦国武将
第5章 つくられた評判、消された評価
第6章 戦国武将、死後の人気争い

私たちが知っている戦国武将の「通説」は、後世の学者や関係者の思い入れや思い込みによる評価や功名譚、あるいは単なる噂話からできているものが多数ある。また、フィクションである小説やTVドラマのイメージがいつの間にか通説となり、戦国武将の人気・不人気に大きな影響を与えていることもある。
通説は、実にいい加減、なのである。
本書は、「虎退治・加藤清正のほんとうの強さ」
「信長・秀吉・家康のだれがいちばん人気があるか?」
「信玄と謙信は互いをどう見ていたか?」
「黒田如水は火事場泥棒?」「見当違いの明智光秀批判」など、
戦国武将にまつわる通説の是非を、根拠を示しつつ、さまざまな角度から考察している。
複数の資料に基づく、現代の戦国武将人気ランキングも必見! 
戦国武将についての私たちの思い込みや勘違いを覆し、新たな視点を与えてくれる1冊。
『戦国武将・人気のウラ事情』を改題し、加筆、再編集は、目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「世間に広く通用している戦国武将の評判・評価には、なんとはない<思い込み>によって出来上がっているものが極めておおい」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1