最強ヴォイストレーナーの最速の鍛え方


目次は次の通りです。

第1章 実践編
ーのどにいいのは、どっち?
-誤嚥性肺炎予防にも、のどのためにもいいこと、悪いこと
(のどを冷やすvsのどを温める/のど飴vsガム ほか)

第2章 実践編
ー仕事にもプライベートにも「のど筋トレ」
-声が出なくなる前にやっておくべきこと
(呼吸を深くする/顔の表情を豊かにする ほか)

第3章 私が実践しているのどトレ&健康法
(トレーナーになってわかったこと/声はよくなるのか? ほか)

第4章 のど力&声力があると、心も体も長生きできる
(あなたの声はどうして出るのか?-のどと声の深い関係/誤嚥するのは人間だけ ほか)

第5章 のどに関するQ&A
(トレーニングを意識すると、うまく声が出せません。/のどを守るために、気をつけることは何ですか? ほか)

のどの健康本が売れています。
のどを鍛えると誤嚥も肺炎も予防でき、長生きできるというもの。
医者の立場ではなく、ヴォイストレーナーの立場で書かれたハウツー本です。
俳優、歌手、声優、芸人のかけこみ寺的存在の著名なヴォイストレーナーが、健康面とヴォイストレーニングの2本立てで解説します。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「のどの筋肉は何歳からでも強くなる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

選挙とカネと政党


目次は次の通りです。

はじめに 「選びたい人がいない」「異端の選挙」が暴いた代議制の機能不全

第1章 二〇一七年「異次元総選挙」を闘ってーー野党第一党の消滅,「排除」をのりこえ新党結成
第2章 候補者とカネーー「異次元総選挙」にぶち壊された資金計画

第3章 政治は常に人材を求めているーー候補者リクルーティングの実態
第4章 自民党は二〇一七年総選挙をどう闘ったのかーー失われた刷新の機会

第5章 新しい政治はどこにあるのかーー不寛容なリーダーシップの果てに
終 章 そして,また「候補者」は誕生する
参考文献
おわりに 「候補者にしか見えない景色」

なぜ「選びたい人」がいないのか?
2017年「異次元総選挙」が暴いた選挙ポスターの向こう側の闘争から、日本政治の機能不全が見えてくる。
候補者となった者だけが知る、選挙の真実。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「沈黙することが許されているのが、最大の権力者」


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

化学は大人になってからのほうが面白い


目次は次の通りです。

第1章  物質の基本粒子
第2章  化学結合
第3章  物質量と化学反応式

第4章  物質の状態変化
第5章  気体の性質
第6章  溶液の性質

第7章  化学反応と熱
第8章  反応の速さと平衡
第9章  酸と塩基

第10章 酸化還元反応
第11章 典型元素の性質
第12章 遷移元素の性質

第13章 脂肪族化合物
第14章 芳香族化合物

第15章 天然高分子化合物
第16章 合成高分子化合物

「化学は暗記科目だからつまらない」と思い込んでいる人は少なくありません。
しかし、さまざまな人生経験を経てから向き合う「化学」は学生の頃に出会った時とはまったく違った表情を見せてくれます。
あんなに無味乾燥に感じられたものが、ものすごく意味を持ったものに見えてくるのです。
化学が社会のあらゆるところで活躍し、身の周りの様々なことにも関わっていることを身をもって学んできたからこそ感じられる変化だと思います。
化学は大人になってからのほうが面白い。
高校で学ぶ化学を完全に網羅し、その基礎をしっかり学べる一冊です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「北条の夢」と秀吉の天下統一


目次は次の通りです。

第1章 織田信長と北条氏政・氏直ー天正十年まで
第2章 合戦の序曲ー天正十年後半~十一年

第3章 沼尻の合戦ー天正十二年
第4章 小牧・長久手の戦いとの連動

第5章 合戦の中に生きる人びと
第6章 沼尻の合戦後の東国

第7章 秀吉による東国の戦後処理
第8章 「豊臣の天下」と「北条の夢」-天正十七年

天正十二(一五八四)年、北関東の領主連合軍と北条氏が下野国南部沼尻で激突。北条氏の関東覇権が成就するかに見えたが、時代は戦乱でなく天下統一に遷っていた。
合戦の詳細と、秀吉・家康の行動から時代を読み解く書です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「武力で事の勝敗が決するのではなく、中央の政治情勢が合戦の勝敗を判断するのである。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「0から1」を生み出す15の方法


目次は次の通りです。

新書版まえがき "AIにできないこと"をやれ
ー「人生100年時代」に何をどう学ぶか/はじめにーなぜ今「0から1」を生み出す力が重要なのか

基礎編 「0から1」を生み出す11の発想法(戦略的自由度

SDF(Strategic Degrees of Freedom)
-消費者のニーズを正しくとらえるために

アービトラージ(Arbitrage)
-情報格差こそビジネスチャンスになる

ニュー・コンビネーション(New Combination)
-「組み合わせ」で新たな価値を提案する ほか)

実践編 「新たな市場」を作り出す4つの発想法(感情移入
ーユニ・チャームはなぜ女性に受け入れられたか

どんぶりとセグメンテーション
ー大ヒットシャンプーの裏にあった考え方

時間軸をずらす
ー「コスト」がネックになった場合の対処法 ほか)

おわりに
ー「0から1」の次は「1から100」を目指せ

いま人間がやっている仕事の多くが、AI(人工知能)やロボットに置き換えられようとしている。
会社でも学校でも、単に「答え」を覚えているだけの人間は不要になる。
自分の頭で人とは違う新しいことを考え、ブレークスルーを見出せる人間だけが生き残るのだー。
経営コンサルタントとして独自の発想法を磨き続ける著者が「無から有を生む」ためのメソッドをまとめた『「0から1」の発想術』を新書化。
大前研一の思考ノウハウが詰まった一冊。

<印象に残った一文>
「ビジネスマンが生き抜くために必要な最大のスキルは「0から1を創造する力」、すなわち、「無から有を生み出すイノベーション力」」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

70万人時代に突入した日本に住む中国人の日常に潜入したルポルタージュ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の「中国人」社会 [ 中島 恵 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2019/3/6時点)


目次は次の通りです。

プロローグ 日本の中国人、高知県民とほぼ同数
第1章 なぜ、この街にばかり集まるのか
第2章 日本に持ち込まれた"コミュニティ"の構造

第3章 勉強に駆り立てられる人々
第4章 日本の教育はゆるすぎる!
第5章 日本に住むこと、その利点と難点

第6章 私たちは"違う世界"に生きている
第7章 彼らが、この国に住み続ける理由
エピローグ 黄さんが日本で送った日々

日本の中に、「小さな中国社会」ができていた!
住民の大半が中国人の団地、人気殺到の中華学校、あえて帰化しないビジネス上の理由、グルメ中国人に不評な人気中華料理店ー。
70万人時代に突入した日本に住む中国人の日常に潜入したルポルタージュです。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「コミュニケーションの主なツールはネットやSNSへと変化してはいるが、基本的に人間のコミュニティというのは、昔からそれほど変わっていないのではないか。」


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

知られざるスタンフォードの回復理論を完全網羅・初公開

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スタンフォード式疲れない体 [ 山田知生 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/1/27時点)


目次は次の通りです。

プロローグ 全米最強のスポーツ医局が明かす「疲れない体」の作り方

0章 スタンフォードで突き止めた「疲労発生」のメカニズム
ーなぜ人は疲れるのか...知られざる「疲弊する仕組み」

1章 世界最新の疲労予防「IAP」メソッド
ー「体内圧力」を高めてダメージを完璧にブロックする

2章 疲れを持ち越さない究極のリカバリー法
ー「最高の回復」で脳と体から疲労物質を即時除去

3章 抗疲労体質になる一流の食事術
ー「体内に入れるもの」であなたの回復力は変わる

4章 スタンフォード式ハードワーク・メソッド
ー働いても、働いても、ダメージを最小化する方法
エピローグ "再起動"を完遂して「最強の自分」になる

体をほぐすのでもなく、筋肉を鍛えるのでもなく、体内の圧力を高める。
人体のメカニズムにそった、絶対的リカバリーをもたらすコンディショニング・アプローチ。
スポーツ医学の回復知見を全集約。
今ある疲れは解消し、明日の疲労は予防する
知られざるスタンフォードの回復理論を完全網羅・初公開です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「日常、何百回、何千回と繰り返される「基本動作」をできるだけ負荷のかからない形で行えれば、蓄積するダメージの総量を小さく抑えられます。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

一瞬で体がポカポカになる、ふるえトレーニング


目次は次の通りです。

第1章 あなたの不調は「発熱力」の低下が原因だった!
(人は「熱」をどれだけ生み出せるかで強くもなれば弱くもなる/熱は「悪者」ではなく「正義の味方」だった! ほか)

第2章 「ふるえ」を利用すれば、ポカポカの体に生まれ変わる!
(おしっこをした後にブルブルッとふるえるのはどうして?/「ふるえ」は、体を守り、健康を守る「究極の切り札」だった ほか)

第3章 「ぷるトレ」で体温を上げれば病気にならない!
(「努力」も「根性」も「意志力」も必要のないトレーニング/「ぷるぷるサイン」が現われるまで持ちこたえるのがコツ ほか)

第4章 毎日の生活のちょっとした工夫で「熱活」を行なう10のコツ
(「熱活」をして生活の中でしっかり熱を生み出していこう/熱活のコツ1 肝臓マッサージで体を温める ほか)

第5章 熱を生み出せる体になれば、寿命が延びる!人生が変わる!
(ヒポクラテスはすべてを知っていた/「ひとつひとつの細胞の力の衰え」が病気や老化を進ませる ほか)

1日1分!!
人生を変える温め本。
体を意図的にふるわせることで、体の内側から「秒で」温める、健康と幸せを呼び込む7つのトレーニングを指南してくれます。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「筋肉を収縮させて動かすのではなく、筋肉を静止させて状態で圧力を加えていく。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

新・人類進化史


目次は次の通りです。

序章 モラルの代数学
第1章 マッピング
第2章 予測

第3章 決定
第4章 グローバルな選択

第5章 個人的な選択
終章 うまくできるようになったほうがいい

ダーウィンは、なぜ非科学的な医療を信じたか?
独立戦争でワシントンが犯した最大の過ちとは?
オバマが調べ忘れたビン・ラディンの情報とは?
「財産」より「愛」を選ぶ理由とは?
はたして、人生はシミュレーションできるのか!?
熟考を重ねた英断から、世紀の大失敗まで、迷い、悩んだ末に導かれたたった一つの選択によって紡がれた壮大な物語です。
目から鱗の情報が満載です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇


目次は次の通りです。

序章 中国人が嘆く「デジタル文化大革命」
第1章 中国バブルは必ず崩壊する
第2章 インターネットと独裁の親和性
第3章 習近平はヒトラーなのか

第4章 超格差社会を隠蔽する「デジタル文化大革命」
第5章 文化と創造力を殺す「デジタル文化大革命」
終章 中国の二〇三五年

著者の書籍は中国のブラックリストの載った。
もう中国を訪問することはできない。
中国の空港で飛行機からイミグレーションに向かおうとした瞬間、顔認証システムを備えたカメラが筆者の顔を捉え、官憲によって別室に連れていかれ、スパイ容疑で逮捕される可能性があるからだ。
 これが、4億人の既得権者たる都市住民が、9億人の農民戸籍者たちから搾取しながら成長する現在の中国の体制を守るため、習近平が始めた「デジタル文化大革命」の恐ろしい実態だ。
 1966年の文化大革命ーーそれが中国に何をもたらすか、正しく見通すことができた人はいなかった。
「デジタル文化大革命」が始まった2018年の状況は、1966年によく似ている。
隣国である中国で新たな運動が始まった。
日本人はその動きを注視し、その行方を的確に見通す必要がある。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「経済運営が困難になった中国共産党が国民の暴発を防ぐための「デジタル文化大革命」」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1